-スウェディッシュケア エルバ-
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「冷えとり」靴下のやり方 | main | そもそも「冷え」とは…? >>
「冷えとり」靴下のこと
 「5本指のシルク、5本指のコットン、先丸のシルク、先丸のコットンにカバーソックス」

これを履くだけ
日中はもちろん、お風呂からあがったらすぐ、寝る時も


冷えとり靴下、5枚履きを実行してあれこれ。

①新たに大きい靴を購入した
ショートブーツ、スニーカー、サボを買いました。冷えとり用です。重ね履きをして履いたくつは衝撃が吸収されてストッキング+パンプスのような足の疲れを感じにくくなりました。

②足に汗をたくさんかいた
しばらく続けて慣れてくると、足からたくさんの汗をかきます。
もちろん湿りますので、替えの靴下に履き替えてください。
私は面倒と思って替えなかったら自分の汗で逆に冷えてしまいました。
でもストッキングでは間違いなく蒸れて気持ち悪いのが、シルクを履いていることでそれは感じません。

③靴下の洗濯が多い
1日に1人で最低5足×両足分。替えがあるとさらに増える。
靴下専用の引き出しも2つになり、洗濯も「何人家族?!」という量に。
シルクは洗剤を使って洗わないため、他のものと分けて洗いますので実は少々面倒。


こんなところが正直なところ。。。
健康のためにはやはり少々の何かがありますね。


スポンサーサイト