-スウェディッシュケア エルバ-
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< スウェーデンの音楽療法 | main | ペパーミント活用法 >>
エコなサンタ
スウェーデンにスウェーデンらしい妖精がいるという
今回はそのお話を。。。ぴかぴか



「森のことなら、ムッレに聞けばいい。」
“mullen(土壌)”からその名をとったムッレは、森の妖精。
子どもたちにエコロジーの関心を持たせるために考えられた、
サンタクロースと同じ、想像上の存在の妖精です。


スウェーデンの保育園での教育のひとつ。
森の散歩にみんなで行き、緑の服を着たムッレに会って
森で手と手を取り合って遊んだり歌ったり。
子どもたちに自然の中にいることを好きになってもらい、
自然の大切さをおしえていく幼児教育です。
スウェーデンでは、ムッレの教育を受けた人は200万人だとか。

「僕は自然の声を聞くことができる
というムッレが、森のマナー、してはいけないことを教える。
自然を守るためには、自然を好きになることを教えるのです。


自然に対して、幼いころからの意識のちがいは、
成長するにつれ、考える観点がかわってくるでしょう。
また、「森の中で、僕は急ぐことはないんだ」
というムッレの言葉から、心に余裕をつくる大切さがわかります。

急いでばかりの社会に疲れた大人たちをよく見ます。
けれど、それを見て育つ子どもたちのためにも、
元気よくはつらつと生きなければいけませんね!

自然を守るためには、自然をすきになること。

次の時代を生きる子どもたちにできること、考えていきましょう。

ムッレと森の散歩
skongsmullenfilmen

日本でも会えるそうです!downdowndown
日本野外活動推進協会


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://elvablog.jugem.jp/trackback/44
TRACKBACK