-スウェディッシュケア エルバ-
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 福祉施設訪問 | main | 小学生は仕事が速い >>
TSUTSUMU展

スウェーデンにあるカペラゴーデン
木工、テキスタイル、陶芸、園芸を学ぶ専門学校。

8月7日(木)からカペラゴーデンと日本の造形大学の学生が
『包む』を題材にした作品の展示をするそうです。
気になる方はぜひ、足を運んでみてください。
 


カペラゴーデンはわたしもリンカランという雑誌で
拝見していたので、とても興味をもっていました。
ついこの間までスウェーデンに住み、カペラゴーデンに通っていた
太田さんがフライヤーを持ってきてくださいました。
待ち合いスペースに置いていますので、ご自由におとりくださいぴかぴか
今からとても楽しみですよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

詳細はこちら

カペラゴーデンHP
http://www.capellagarden.se/


以下、スウェーデン大使館HPより

『包む』こと。 古くは魚の保存、納豆、米俵に見られるような保存としての包装であり、現在では商品や贈り物のデコレーションとしての意味合いもある。包むものは国や民族により異なり、それ故に包む方法も異なる。 『包む』という一つのテーマを共有することで、普段は感じないようなお互いの国の生活感覚をも感じ取ることが出来るのではないだろうか? 
1960年、カールマルムステンによりスウェーデンのエーランド島に設立されたカペラゴーデンで、木工、テキスタイル、陶芸、園芸を勉強している学生と日本の造形大学の学生31人が共同展示をします。

2008年8月7日(木)から8月21日まで毎日開催
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK