-スウェディッシュケア エルバ-
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< NOV.Column -11月のコラム- | main | DEC.Column -12月のコラム- >>
スウェーデンに学ぶ vol.2
 こんにちは。

今日から寒気の影響で12月上旬の寒さが戻ってくるそうです。
晴れてるとはいえ皆さん気をつけてくださいね〜

さて以前、「未病を治す」というタイトルで
スウェーデンに関するセミナーのお話をしましたが、
今後スウェーデンから福祉、社会、文化などから
私自身が学んだこと、感じたことを
定期的に掲載していきたいと思います。

というわけでタイトルがvol.2になってます。あしからず。

さて今回は、東京大学主催の公共政策セミナーに参加しました。
スウェーデン前財務大臣ペール・ヌーデル氏がスウェーデン社会の現状をふまえた特長、
日本との違いについて、質疑応答を交えながら講義をしてくださいました

質問にも上がったのですが、一番重要に感じたのが

スウェーデンには政府と日本でいうところの国民(スウェーデンでは国民とは呼ばず、「人」という表現なのだそうです)との信頼関係がある

なぜそれがあるかといえば

・透明性がある
・国民を保護するセキュリティ(政策として)がある
・国民に対して平等である

からということでした。

日本がどうかはおいておいて、
これは人と人とが関わるときにとても重要なことで、またベースとして
あるべきことだと痛感しました。
エルバは来てくださるお客様に対して、
常に誠実でお迎えしたいと強く思ったのでした

ちなみにスウェーデンの福祉においては、
女性の方のがんばりがあったからこそ
今のスウェーデンの福祉があるというお話をされていて、
それは以前のセミナーでもお話がありました。

女性は女性の特長を活かして、どんどん活躍の場を広げたいですね

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://elvablog.jugem.jp/trackback/64
TRACKBACK